REFLEXOLOGY

REFLEXOLOGY

足反射区療法とは

足裏にある末梢神経の集合体(反射区)は人体の器官、臓器が映し出されている。つまり、つながっている反射の理論に基づいた自然療法です。

反射区の神経刺激により、痛みや炎症を抑え免疫力を強化する脳内物質、エンドルフィンなどが放出され、自然治癒力が高められます。

足裏の反射区とつながる器官、臓器が神経を通して活性化され機能回復をもたらします。

足裏から全身につながる神経の周りの筋肉組織が神経刺激によって共に震えて柔軟になり、苦しめられていた痛みからの解放にもつながります。

足裏や神経、筋肉に付着している老廃物(尿酸)が指圧刺激により揉み出され静脈から腎臓へ運ばれ排毒排泄されていきます。

療法の期待効果

  • 血液が浄化され血がきれいになる
  • 自然治癒力や免疫力の向上
  • 交換神経と副交感神経のバランス調整による自律神経系疾患の緩和
  • 頭寒足熱効果
  • ホルモンバランスの安定による心の充足と活力回復
  • 機能低下した臓器の活性化
  • 骨格系の痛みからの解放
  • 新陳代謝の向上によるダイエット効果

ベネシュ仙台赤坂お客様の声

*効果には個人差があります。

ページの先頭へ戻る